fc2ブログ

2024-01-17

1/17 ブルーバードC

11R(ブルーバードC)
買い目↓↓↓



馬柱を見た感じでは、JRA馬参戦であまり興味が無かった1戦だったが、本日の”サトノフェニックスがサウジダービー参戦”のニュースを見て調べたくなった。

そもそも、全日本2歳優駿のサトノフェニックスは、本命にしていたのだが、スタートでの挟まれと大きな躓きでポジション取れなかったことが大きな敗因と思っている。

テン3Fは366だが、4F目に142という中だるみのラップで、1000m通過634は、ここ7年で一番遅いし、142という道中の緩いラップも、ここ7年で1度も出現していない。

勝ったフォーエバーヤングは弱いとは思わないが、かなり展開利があった圧勝だと考える。

よって、スタートふりあったサトノフェニックスだけでなく、9ウルトラノホシの30差も悪くはなかった。

このレースでは22差の4着ナスティーウェザーだが、これも、距離と+12キロの太目残りと、4コーナーでソラ使ったのとで本来の能力発揮していない感じ。

当初は順不同で1・2・3・4・8辺りの競馬かと思っていたのですが、色々調べて、4・3・9・1という馬券で行きたい。

因みに、人気は1≧3になっていそうだが、同じ舞台で1・3の2着になっているルディックを物差しにすると、数字上は1が02差先着に加え、3が1キロ重くなるので、1が1番人気は妥当に見えそう・・・

だが、レースとしては、1の2着だった10/15のルディックは、スタートで物見をして、2・3馬身出遅れ。

逆に3の2着だった次走のルディックは、スタート完璧だったことは見逃せない。

物差し馬ルディックの走破時計は馬場差があっても、08差はスタートの成功によるものと考えれば、3は1に2馬身先着するという考えに至る。

3→1→4・9という可能性は有るかもしれないが、全日本2歳優駿フォーエバーヤングの展開利の圧勝によって、3・2が相対的に押し出された人気になっていたとしたら、今回自分の馬券は、本来の能力に正常化するものと考える。

4エコロガイアの叔父2頭が、海外重賞で活躍の馬だが、ダート2000m・1800m・1600mだったり芝2400mだったり。

特に叔父のブルーグラスキャットの血を引き継ぐものなら、ベストはダート2000m前後ですよ。

勿論前走の阪神ダート1200m戦も見ましたが、脚余していたし、馬体も単距離馬のそれではない。

森厩舎の馬で、昨年登録抹消の3勝馬ジャスパードリームが、ちょうど4エコロガイアの父と同じスパイツタウンだったが、この馬の3勝は全てダート1800m。

スパイツタウン自身は、ダート1200mのレコード馬ではあるが、全日本2歳優駿S馬リエノテソーロとかもこの産駒で、4エコロガイアが距離延長で軽視されるなら、森厩舎の天才的遠征手腕はここで発揮されるでしょう。

次点は2と8ですが・・・今の船橋の1周レースが逃げ天国という事でもないので、馬券は4頭に絞ってやってみたい。


スポンサーサイト



プロフィール

P

Author:P
◆南関東競馬を中心に予想
◆人気≠馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う
◆予想は関係者の立場に立った予想を展開するも、馬券は実際に買う側の立場に立った考えを提供 
◆馬券は当たらないのが当たり前という逆の発想から導き出す、回収率重視の馬券
◆基本理念は”他人と同じことをしていては一生負け組”他人とは違った目線で馬券を勝ち取る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード