FC2ブログ

2018-10-21

10/21 菊花賞

京都11R 菊花賞

買い目は→

アフリカンゴールド10⇔14・9・15→18・3・2


菊花賞は良く当たるのですが、JRAなので軽く。
今年のクラシック戦線は、皐月賞・ダービーと、前が有利な緩い競馬で、ここには直結しそうもないという印象。
神戸新聞杯で一番強い競馬をしたエタリオウを軸にするのが、当てる競馬なら王道の様な感じもある。
よって、流石の2番人気。
自分がそういう馬を軸にするのは、その馬が飛びぬけて強く、この馬しかいないという時だけ。
今回は、もっと混戦だと思っているし、血統的や成長力で大衆心理の追い付いていない馬をチョイスするのが、配当取れる可能性もあるし、何より予想する楽しみでもある。
血統という意味で一番気になった馬グロンディオーズを金曜日に注目馬としてピックアップした。
モレイラ人気を懸念したが、結果5番人気・・・これ軸でも良いかなーと思いながら、前哨戦や各馬の血統等を確認。
で、本命は・・・
10アフリカンゴールドで行く。
神戸新聞杯と同じ舞台の前走の兵庫特別が、斤量53キロな上に隣のエタリオウと11差があるので人気が無いのでしょう。
斤量加味すると、単純計算で17差、8馬身くらい負けることになる。
しかし、レース見てもらうとわかるが、全くの楽勝で追ったのは最後だけ。
また、台風の影響の代替開催で火曜日の競馬。多少なりとも調子がベストではない状態ともいえる。
相手なりに楽勝しただけで、時計は当然詰められる可能性が高い。それが神戸新聞杯のところま行けるかどうかというのが焦点。
自分は行けると思うので本命。
初勝利が4戦目の4月で、そこからすべて連対というところも、晩成っぽくて良い。
血統的には、母父ゴーンウエストが気になる。これはスピード血統色が強く、それが理由で人気が無い可能性も。
しかし、南関ダートやっているとわかるのが、ゴーンウエスト母父だと、意外と長い距離で良い馬が出る。
アポロケンタッキーやラヴェリータ等がそれで、2000m以上のダートで強い競馬をする。
そもそも、前走見ても距離伸びて更にパフォーマンスを上げているのだから、疑う余地はない。
馬主的にも、結構色々ありそうで、サンデーレーシング筆頭に社台系がこれだけ出ていて、前走戦の使い分けをしているところは注目すべきところだが、この辺は長くなるので。
ただ、Gリビエール・レーシング(森岡ON)のエタリオウ・ジェネラーレウーノ辺りが菊花賞馬になるのかなーという感じはある。
社台系が頑張らないと、今後に関係してくるのじゃないかなー?と書きつつ本命がモハメド殿下の馬っていうw
ただ、サンデーレーシングで買いたい馬が、関東馬ばっかりで。
母父エリシオで、血統特注のもう一頭オウケンムーンも、関東馬だし北村騎手なんで本命にできなかった。
でも、これは栗東調教ですので、こいつも買います。
他の馬も、色々あるのだが天気も良いので出かけたいし、これくらいで。
スポンサーサイト
プロフィール

P

Author:P
◆南関東競馬を中心に予想
◆人気≠馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う
◆予想は関係者の立場に立った予想を展開するも、馬券は実際に買う側の立場に立った考えを提供 
◆馬券は当たらないのが当たり前という逆の発想から導き出す、回収率重視の馬券
◆基本理念は”他人と同じことをしていては一生負け組”他人とは違った目線で馬券を勝ち取る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード