FC2ブログ

2018-10-07

10/7 凱旋門賞 10/8 京都大賞典

毎日王冠は府中の内がわきでしょうか?1000m590もこのレベルにしては早くないので、前残りならあの結果はあり。
キセキが3着であれくらいのオッズなんですね。意外とつかなかった。
京都大賞典は夜、予想して書きますが、人気の2頭が飛ぶのは考えづらいので・・・

凱旋門賞
シーオブクラス19⇔5・6・2→7・(10)

あんまり海外はやらないのですが、早朝ゴルフで早めに帰ってきたので、VTR見まくりました。
まずは、各前哨戦レースは殆どが小頭数という事は注意です。
フォア賞に関しては、ヴァルトガイストだけが唯々強く、先頭に立ってからはほぼ馬なりです。
そのヴァルトガイストの2走前サンクル大賞2着が、4歳牝馬のコロネット。
ココの斤量はヴァルトガイスト58.5キロでコロネットが57キロです。それで時計差なし。
そして、コロネットはヨークシャーオークスを使います。
シーオブクラス56キロ・コロネット60キロで04差。
そして、昨年のヨークシャーオークスが
コロネット・エネイブル共に56キロで08差。
今回
ヴァルトガイスト59.5キロ
エネイブル58キロ
シーオブクラス55キロ

コロネットが出ていたら58キロで騎乗です。これだけの材料で計算すると、エネイブルはシーオブクラスに06差で勝って、シーオブクラスはヴァルトガイストに02差勝つことになります。
しかし、エネイブルは昨年絶好調での内容。
ほぼ1年ぶりの前走は、オールウエザーを選んでいる点が、足元に不安がある可能性を含んでいるとみてます。
今回斤量増えるし、パリロンシャン競馬場は、本日は小雨が降っているそうです。

よって、本命は、凱旋門賞で斤量有利な3歳牝馬と定番になりますが、シーオブクラス本命で馬券組んでみます。
当然、日本の馬で人気過剰になるクリンチャーは、応援しつつ美味しくないので馬券には一切入れません。

京都大賞典

展開とか、終わっていそうな馬とかいろいろ考えましたが・・・
サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・スマートレイアーに、展開でウインテンダネスぐらいしか思い浮かばなかった。
やる価値有りますかね?
京都のダンスインザダークという手でアルバート・ケントオーも考えましたが・・・
ここで、本番のG1でなくメイチで来そうな馬は、ウインテンダネス?
この祖母は、エリザベス女王杯が2400mだったときに2着だったブライトサンディ。
そこに晩成血統と思われるカンパニーが付いて京都走るトニービンですから・・・
でも大外枠で、菱田騎手なのに3番人気って。
2⇔8→11は20倍くらいですって???
ここは枠連2-8(17.8倍)と馬単11→2・8の高め。
それから、11ウインテンダネスの1・2着3連単で行きます(2⇔11→8・9とか)。
基本枠連2-8の一点で。

凱旋門賞・京都大賞典買い目は↓↓↓



スポンサーサイト
プロフィール

P

Author:P
◆南関東競馬を中心に予想
◆人気≠馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う
◆予想は関係者の立場に立った予想を展開するも、馬券は実際に買う側の立場に立った考えを提供 
◆馬券は当たらないのが当たり前という逆の発想から導き出す、回収率重視の馬券
◆基本理念は”他人と同じことをしていては一生負け組”他人とは違った目線で馬券を勝ち取る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード