fc2ブログ

2018-12-15

12/16 朝日杯フューチュリティステークス

明日はG1朝日杯フューチュリティステークス
ケイデンスコール11⇔2・・・15・6→5・8

もう本命は決ってます。
阪神JFの結果見て2グランアレグリア・・・
ではなく、11ケイデンスコール
サンデーレーシング・ロードカナロア産駒・安田調教師・近親バランスオブゲーム
ロードカナロアの種付け料は1500万にまで高騰してるんですって。アーモンドアイだけだといわれては種馬の価値が下がります。
ここは、社台的には勝っておきたいんじゃないですか?
安田調教師は、まさにロードカナロアを育てた調教師です。
バランスオブゲームを叔父に持ちますが新潟記念勝ってのローテは同じ。朝日杯は03差4着ですが、これは中山時代。次走弥生走勝ちます。
それよりも早くから仕上がるという血統。
新馬戦は現在2番人気のアドマイヤマーズに負けているが、これは3H374・1000mは640と新馬戦とはいえかなり遅いペースでハナ差届かなかった。
今回はアドマイヤマーズには負けない。

同じサンデーレーシングのグランアレグリアは前走出遅れで完勝と強い内容だが、道中折り合いを若干欠いていた感じにも見えた。
2歳牝馬の輸送というのも不安があります。阪神JFは同じサンデーレーシングのクロノジェネシスとぶつけたくなかったんでしょうか?その辺はわかりませんが。
そういっても対抗ですかね。
ファンタジストもロードカナロアですが、これは前走3H380と言う超スローを内内通ってますから。
ローゼンクリーガー物差しでディープダイバーと同じくらいの能力だと思いますけど。
大外ですがエメラルファイトの方が面白いんじゃないですか?
このレースは比較的人気サイドの予想で現在11-2が本線だと思っていますが、若駒で紛れもあると思うので、もう少し好配当も配置して、今晩か明日の朝にでもランキングの方に書いておきます。
11→2→6だと72倍・・・これはつまらないな。

朝日杯フューチュリティステークス
買い目は↓↓↓

スポンサーサイト



2018-12-15

10番人気本命リバティハイツ2着なのに

ミスパンテールに上手く乗られた。
週中から書いていたデンコウアンジュとのワイドだけ
(。´Д⊂)
11970円でもヨシとするべきかもしれないが、こう言うときにでかいの当てたかった。

残念。
まあ、4・5着もいないのでおしくもないか。
ミスパンテールもっと前に行くと思った時点でダメかな。
横山騎手は控えて内から差してきましたからね。
イマジネーション不足でした。

取ったかたはおめでとうございます。

2018-12-15

12/15 ターコイズS

中山11R ターコイズS

リバティハイツ7⇔12・1・5→6・4

オッズを見たら、これはメルマガ記事でも良いかなーという気はしたが、別に自信があるわけでもないのでこちらで。
牝馬のレースに関しては、意外と各レースメリハリがついていて、例えば、後の結果を見ると好メンバーだった阪神牝馬Sは、3H372のユルユルの競馬で、逃げ切ったミスパンテールより、差して3着のリスグラシューの方が良い内容。
また、府中牝馬Sはカワキタエンカの3H349と言う早いペースで差し競馬になり、力の差が出てディアドラ→リスグラシューという内容。
一応注意は、カワキタエンカは3Hの地点で2番手クロコスミアに5馬身先行の大逃げ。よって、実質クロコスミアの359の逃げという考え方もできる。
どちらにしても、強かったのがリスグラシューで、エリザベス女王杯はこれを本命にしたという内容。
そのエリザベス女王杯は3H364・1000m614のスローといって良い競馬だったので、今回もミスパンテールは微妙ですよね。

さて、このレースがどれくらいのペースになるかで、当然ですが有利になる馬が変わってくる。
逃げるのは外枠入ったが、やはり15カワキタエンカですかね?
前走はダートなので参考外ですが、2・3・4走前の3H時計は、349・352・351です。
その前の中山牝馬Sが369のスローなので、このペースなら当然ですが前残りでしょう。
なんか中山牝馬はスローになりがちなんですよねー。
しかし、今回は中山1600mの外枠です。通常なら35秒前後のペースになるという想定で考えた方が良いでしょう。
更に外の16リエノテソーロは昨年359でこのレースのペースメーカーで逃げた馬です。スローに落としそうならこれが被せてくるので、そうはいかないと思います。
少なくとも15カワキタエンカは何が何でも逃げを打ちたいと思うので。
この馬が馬券に絡むなら、大逃げのパターンだと思いますが、今回はメンバー的にも大逃げ打っても厳しい感じ。
因みに一昨年がクロコスミアの346のハイペースで、追い込み決着でしたが、ソコまで早くはならないと思ってます。

とすると、同じく15カワキタエンカが逃げてペースを作った府中牝馬Sの再現パターンで、13フロンティアクイーン?
先程書いたように、これは359の逃げとも取れるレース。また、府中開幕週で、前有利・内有利の2番枠。
更に、昨年このレースは359のペースだったところの2着だが、その時よりも斤量2キロ増。
この馬が馬券になるには36秒前後の場合か?中山牝馬2着も先程書いた369のスロー3番手ですから。

チョット長くなったのであとはサクッと行きたい。
2リナーテの人気がないのは凄いですね。中山ですから、本当にハイペースになっても、エンジンかかったころにゴールですかね。
こういう馬ではなく、ちょうどいい馬を買うべき。
12ミエノサクシードは良いんじゃないですか?阪神牝馬Sで同じようなポジションのジューヌポレールはヴィクトリアマイル勝っているし。中山のステイゴールドですし。
で、少頭数だったが、ポートアイランドSレベル高い説。週中書いたのは6デンコウアンジュで昨年のこのレースで13フロンティアクイーンのハナ差3着だった馬。今回13フロンティアクイーンが2キロ背負うので、これは良いと思っていた。
しかし、ポートアイランドS見ると、12ミエノサクシードは、出遅れて勝利。これよりは下?
しかし、このレース見ると、7リバティハイツは、スタート後も進路が狭くなって減速。直線も内に入れそうで、外に出しそうで、ベステンダンクが外に斜行気味で・・・
要するにかなりのロスがあった競馬。
これが今回逆転まであるんじゃないかなーという本命。

そもそも、桜花賞は1番人気10プリモシーンに先着してます。これも、関屋記念の強すぎる内容見ると、洋芝オーバーシードの中山も微妙だし、2リナーテ同様、脚余す感はありませんか?
クイーンSは、344のハイペースを早めに仕掛けて、4コーナー被されてチーン。負けすぎですが直線あきらめちゃってますので、都合よく考えて度外視。
敵は、北村友一騎手のヘグリだと思ってます。関東圏初で、試金石なレースかもしれませんが、11番人気ですから、良いんじゃないですか?ペースも枠も、ちょうどよいと思います。
最後に5フローレスマジック。
これは、前走ルメールが上手く乗り過ぎ。当然今回も上手く乗る可能性は高いかもしれないが、前走のスロー最後方から内を差す感じは、中山で再現性があるかというと五分五分?
能力飛びぬけているとは思わないので、馬券には組むが人気なので出来れば内でゴチャゴチャに巻き込まれてくれるとありがたい。
以上

追記:単穴1アンコールプリュの前走は、出遅れと落馬の影響で直線追わず。
脚質的には他の追い込み馬同様厳しいとは思いますが、ブラックシェルの半妹だし、母父ウイニングチケットだし、中山が合わないということは無いと思う。
フィリーズレビューで本命の01差で今回52キロと2キロ軽いので軽視はできない。

ターコイズS買い目は
↓↓↓

プロフィール

P

Author:P
◆南関東競馬を中心に予想
◆人気≠馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う
◆予想は関係者の立場に立った予想を展開するも、馬券は実際に買う側の立場に立った考えを提供 
◆馬券は当たらないのが当たり前という逆の発想から導き出す、回収率重視の馬券
◆基本理念は”他人と同じことをしていては一生負け組”他人とは違った目線で馬券を勝ち取る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード