fc2ブログ

2018-11-17

11/18 マイルチャンピオンシップ

ペルシアンナイト2⇔3・1・10→8・(12)

明日はマイルCSです。
人気は関係なく予想すると、馬券対象馬は現時点で馬番順で
1ステルヴィオ
2ペルシアンナイト
3アルアイン
8モズアスコット
10ミッキーグローリ―
の5頭。本日の13時30の時点で、6・3・5・1・7番人気です。そんなに大穴は期待できなそう。
8モズアスコットは、京都だと少しパフォーマンス落としがち。
10ミッキーグローリーや消したロジクライなんかは時計の早い馬場の方が良さそうで今の京都とは少しズレる。
エアスピネルなんかも、昨年より若干衰えてる感じもある印象。
前走直線大きな不利と、スタート後も減速があった2ペルシアンナイトか、天皇賞(秋)馬レイデオロとオールカマー接戦だった3アルアインを本命にすると思います。
但し、1ステルヴィオはロードカナロア産駒。アーモンドアイの3冠もあったし、社台が今最も種馬の価値を上げたいのはコレかも。
明日は、朝早いので、夜に買い目はアップしておきます。

スポンサーサイト



2018-11-17

11/17 アンドロメダS

京都11R アンドロメダS
カデナ10⇔1・14・5→8・6

先週のような内も外も荒れて、エリザベス女王杯のようなクロコスミアが残るような馬場なら、6アメリカズカップとか面白いかと思っていた。
だが、今週から内7m仮柵のCコースに変わって、週中も雨が降らなかった馬場なので、流石に厳しいかも。
馬場の写真見ても、コーナーは内が1・2頭、直線は内が結構悪い。3・4コーナーの下り坂使って、外回してくる差し馬に利がある感じがする。
先週も時計は早くなかったが、今に時期の京都はキレッキレの時計の早い馬よりも、遅い時計の差し馬が良さそう。
昨年は重馬場だったが、中団から差して4着だった1ケントオーなんかも、昨年の56キロから斤量1キロ軽くなるので、馬券圏内の計算は立つ。
京都大賞典11差7着も、11差の6着が目黒記念馬ウインテンダネスで、次走斤量56キロのアルゼンチン共和国杯で4着なのはここでは高評価に値するだろう。
が、直線荒れ馬場の内枠スタートで、荒れた所を走らされる分、良い枠とは言えない。
京都新聞杯馬3プラチナムバレットの方が人気だが、1ケントオーの方が斤量も比較で2キロ軽いのでコッチを買うべきだと思いますが。
1番人気は8ドレッドノータス。前走だけ見ると強いし、一昨年3歳時にこのレースは53キロで2着。
でも、この騎手だと内で先行して、内突きますよね。直線内は伸びないと思うんですが・・・3着じゃないですか?
12ミライヘノツバサはまさに中山巧者で、当面の目標は中山金杯かAJCCでは?賞金が足りなくてメイチで作ってくるという可能性はありますが、少なくとも軸にする馬ではなさそう。
本命は10カデナで行ってみます。
既に終わっている馬でしょうか?陣営も先週の武蔵野Sと今週の福島民友とダート登録してきてました。
しかし、いつもは調教とか見ないのですが、10月からかなり本数乗ってますし、ちょうど良い坂路時計です。
新馬から全部見てみたのですが、皐月賞とか、1週前追切で好時計出し過ぎ。
ダービーとか、あれでは調教見ている人は買えないでしょう。
勝った弥生賞・京都2歳が当然良いのでしょうが、やり過ぎずちょうど良いのは今回と同じ感じ。
どこかに、輸送減りする馬とも書いてありました。栗東からの京都は絶好。
そして、時計の遅い差し馬はまさにこの馬で、逆に不良馬場とか、バリバリの洋芝もダメだったので、ピンポイントで洋芝オーバーシードの内が荒れた時計のかかる馬場の今回しかダメなんじゃないでしょうか?
芝では背水の陣かも。ダートを使うところは見てみたい気もしますが、この結果次第でダート移行するのかも。
外差し嫌って、無理に内を突いてくる福永騎手は本日東京です。寧ろ騎手変更が今回は良いように作用する可能性もあると思ってます。
中竹厩舎は今週14頭の大量出走です。12Rのクリアザトラックなんかも同じような時計のかかる差し馬で来そうですが、今週は色々と仕上げてきているんじゃないですか?
考察はこんなところで馬券を組みます。
↓↓↓
プロフィール

P

Author:P
◆南関東競馬を中心に予想
◆人気≠馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う
◆予想は関係者の立場に立った予想を展開するも、馬券は実際に買う側の立場に立った考えを提供 
◆馬券は当たらないのが当たり前という逆の発想から導き出す、回収率重視の馬券
◆基本理念は”他人と同じことをしていては一生負け組”他人とは違った目線で馬券を勝ち取る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード